就職活動

就職活動

軽度知的障害の娘が障害者枠で就職して、やりがいを見つけた体験談

軽度知的障害と広汎性発達障害の娘が、障害者枠で、企業に事務補助の仕事で一般就労しました。他の社員がめんどくさがる作業を、娘が快く引き受けて感謝されることで、役に立ってると感じています。職場の中で自分の役割を知ることで、やりがい感じて働けています。
就職活動

軽度知的障害の子供が障害者枠で企業に一般就労できた体験ブログ

広汎性発達と軽度知的障害の娘は、公共機関のチャレンジ雇用で一年間働いた後、ハロートレーニングでパソコン事務科の訓練を3ヶ月間受けて、ワードとエクセルの資格を取りました。その後、無事に企業の事務補助の仕事で、障害者枠での就労ができました。
就職活動

障害者がハローワークの職業訓練でパソコンの資格が取れた体験談

障害者向けの職業訓練(ハロートレーニング)を受けた広汎性発達障害と軽度知的障害の娘は、パソコン事務科でワード、エクセル、パワーポイントのスキルを身につけました。検定試験も受けてワープロと表計算の資格を取ったことで自信が付き、就職活動に励んでいます。
就職活動

障害者が失業保険をもらいながらB型事業所で訓練する。工賃や年金は?

発達障害の娘が、1年間のチャレンジ雇用での職場体験を得て、失業保険をもらいながらB型事業所で働くことになりました。障害者のための失業保険の制度は、就職困難者に親切な仕組みになっていますし、年金や工賃も同時にもらうことができました。 
就職活動

ハローワーク障害者就職面接会に付き添ってみて実際に感じたこと

広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)と軽度知的障害の娘が、ハローワークの主催する障害者就職説明会に参加しました。 大きな会場にたくさんの会社が参加していて、一度に複数の会社の面接を受けることができました。 しかし、参加し...
就職活動

チャレンジ雇用で障害者が健常者の中で働く上で大切なこととは

チャレンジ雇用で採用されて、公共機関で健常者の中で働き始めた娘は、職場の方たちとなかなか親しくなれないのが悩みでした。慣れない仕事で緊張が続き、体調を崩して仕事を休むことが多くなりました。しかし、ある日をきっかけにして職場に慣れてきました。
就職活動

チャレンジ雇用に採用されました 4月からは公共機関で働きます

就労移行支援事業所で就労のための訓練を受けている娘に、事業所からハローワークからのチャレンジ雇用の求人の案内をされたので、受けてみたら採用されました。4月からは公共機関で臨時職員として1年間働くことになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました